2009年10月05日

介護ベッドに介護用リフトは必要か

いくら機能が良い介護ベッドがあっても、それでは介護の負担が軽減されるわけでもない時があります。

特に移動するときや起き上がりの時は、あるい程度電動の介護ベッドでもできますが、そこにさらにつりあげるような介護用リフトを付けることで、さらに介護がしやすくなります。

このような介護用リフトが特に役立つのは、端座位ができない方、介護者と介護を受ける側の身長や体重などの身体的な差がある場合があるときです。

リフトがあると移乗が楽になります。最近の介護ベッドにリフトを付ける場合は、特に設置工事がなくても簡単に取り付けができるようです。

そして、入浴の時の移乗時に、玄関用になど、目的に応じてリフトを付ける場合が多いようです。

介護ベッドを置いても、まだまだ介護がスムーズにいかないときは、介護用リフトの取り付けも考えてみてはどうでしょう。

介護用パンツ
介護用ショーツ
介護用口腔ケアセット



posted by ガンジィー at 22:32| 介護ベット関連情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。